食材の知識 しょうが

意外に知られていないしょうがの知識

新鮮なしょうが

万病の妙薬

効能
  • 万病に効く(風邪、胃腸病、心臓病、高血圧、うつ病など)

熱帯アジア原産の、ショウガ科の多年草。日本には稲作と共に弥生時代に渡来しました。学名の「Zingiber officinale」は「薬用になる」という意味。です。

私たちが用いている医療用漢方薬の70% 以上にしょうがが用いられており、「しょうがには漢方は成り立たない」と言われるほどです。

16世紀頃に英国でペストが流行し、ロンドン市民の3分の1もが次々と死んだ時「しょうがを食べていた人は死ななかった」ことがわかり、当時の王、ヘンリー8世が、ロンドン市長に命じて「市民はしょうがをしっかり食べるように」と奨励したというエピソードが残っています。

しょうがの薬効は、辛味成分のジンゲロン、ジンゲロール、ショウガオールや、芳香成分のジンギペロールなどの総合作用により醸し出されています。

寿司には必ずしょうがが添えてありますが、ジンゲロンやショウガオールには強力な殺菌作用があり、タネの魚介類による食あたりを防ぐ意味があります。また、寿司を食べすぎても案外胃腸を壊さないのは、ジンゲロンの健胃作用によるものと考えられます。

その他、しょうがの効能として

  1. 発汗、解熱、去疾、保温作用
  2. 鎮痛作用・抗掻痒作用
  3. 鎮咳、鎮吐作用
  4. だ液・胃液・胆汁の分泌亢進作用(消化促進)
  5. 抗腫瘍作用
  6. 腸管内輸送促進作用(消化不良、ガス=腹部膨満感に効く)
  7. 強心作用
  8. 血圧低下(高血圧に対して)作用・血圧上昇(低血圧に対して)
  9. 血栓予防
  10. うつ病改善
  11. めまいの予防
などが、科学的に確かめられています。

しょうがには「意気、軒高、元気」の意味がありますが、科学的にも、全身の細胞の新陳代謝を克進させ、特に大脳や延髄の呼吸・循環中枢を刺激して、全身の機能を高め、気力、体力、免疫力を高める、という、まさに心身の万病の妙薬というところです。

しょうがの民間療法

魚や肉の中毒
しょうがのおろし汁を、おちょこ1杯飲む。
風邪・冷え性・貧血・低血圧・胃腸病
親指大の古しょうがをすりおろして、急須か紅茶こしの網を使って熱湯でこし、湯飲みのみに7~8分目の量を注ぎ、そこに適量のハチミツか黒砂糖を入れて、1日2~3回(2~3杯) 飲む。
胃腸病(下痢、便秘、腹痛、腹鳴、吐き気など)・冷え性・風邪・気管支炎
梅醤番茶を飲む。
しょうが 関連ページ
ページのトップへ戻る