薬以上になる野菜の効能、効果の一覧

野菜のもつべきパワーを引き出すには食べ方や知識などの効能、効果が大切

野菜

野菜の効能、効果とその特徴一覧

野菜や果物と言えばビタミンやミネラルを含有しているのが特徴で、それらの不足からくる疾病や体調不良に対して、野菜や果物を食べることにより、それらを改善できることは一般に考えられています。

それぞれの野菜の特徴や効能、効果を知ることでさらに病気予防に役立てていただければ幸いです。

野菜

かぶ 胃腸に優しい「春の七草)
  • 胃酸過多の改善
  • 骨・歯の強化
  • しもやけの改善
  • かぼちゃ 冬場のカロチン補給に
    • 脳卒中・風邪の予防
    • 活性酸素の除去
    きゃべつ 潰瘍に高い効能
    • 胃・十二指腸潰瘍
    • 肝臓病・ガンの予防・改善
    • 去痰
    きゅうり 暑気あたりに効果のある浅漬けの定番
    • むくみ・高血圧・腎臓病・暑気あたりの改善
    • 脱毛予防
    「ごぼう」食物繊維が豊富な腸のお掃除屋さん
    • 大腸ガン予防
    • 抗高脂血症・抗糖尿病
    • 強壮・強精作用
    「しそ」刺身のつまには解毒作用がある
    • 食中毒の改善
    • 風邪の予防
    • 気分の落ち込みの改善
    「しょうが」稲作と共に渡来した“万病の妙薬”
    • 万病に効く(風邪、胃腸病、心臓病、高血圧、うつ病など)
    せろり」血栓予防に「オランダ三つ葉」はいかが
    • 強壮・強精
    • 貧血・肝臓病・血栓症の予防・改善
    「だいこん」健胃作用がある「春の七草」
    • 消化促進(胃痛・胃もたれ・二日酔い)
    • 気管支炎の改善、ガン予防
    「たまねぎ」血糖値を下げる“疾病除けのお守り”
    「とうがらし」食欲を増進させるアマゾン生まれの香辛料
    「とまと」医者が青くなる赤い果実
    「なす」秋なすは血管をしなやかにする
    「にら」体を温め、疲労回復にいい陽起草
    「にんじん」にんじんジュースは潰瘍とがんを癒やす
    「にんにく」強壮・強精作用豊かな「農民のための万能薬」
    「ねぎ」冬場のビタミン補給に最適“お鍋の友”
    「はくさい」冬場のビタミンC補給に貴重な“北京のきゃべつ”
    「ぱせり」洋食の飾りではない“薬草”
    「ぴーまん」発毛を促進する“緑のとうがらし”
    「ほうれんそう」“ポパイ”でおなじみの栄養源
    テキスト
    テキスト
    テキスト
    テキスト
    テキスト
    テキスト

    野菜の安全な選び方、処理方法、調理法

    安全を優先した野菜の選び方です。

    ページのトップへ戻る