食材の知識 とまと

意外に知られていないとまとの知識

新鮮なとまと

医者が青くなる果実

効能
  • 血液浄化
  • 高血圧・脳出血の予防
  • 免疫強化・ガン予防

南米ペルー、エクアドル原産のナス科の一年生草本。

16世紀に南米からヨーロッパに伝播しましたが、食用にはされず観賞用にされていました。

18世紀になり、イタリア人が食べたのが「食用」の始まりとされています。日本へは1580年頃、ポルトガル人によってじゃがいも、すいか、かぼちゃ、とうもろこしとともに伝えられ、やはり観賞用として楽しまれていたようです。

明治時代には「あかなす」として洋食に使われてはいましたが、庶民の間で本格的に食べられるようになったのは昭和30年代からです。

漢方では、とまとは「清熱解毒」作用、つまり、血液を浄化し、脂肪の消化を助けてくれる、と考えられています。事実、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、コハク酸などの有機酸が胃液の分泌を促進させて消化を促し、ナトリウム、カルシウム、マグネシウム、カリウムなどのアルカリ性のミネラルが酸血症を中和してくれます。

けてくれる、と考えられています。事実、クエン酸、リンゴ酸、酒石酸、コハク酸 などの有機酸が胃液の分泌を促進させて消化を促し、ナトリウム、カルシウム、マ グネシウム、カリウムなどのアルカリ性のミネラルが酸血症を中和してくれるので す。そのため、肉や魚などのつけ合わせとしても好適なわけです。

高血圧や眼底出血に奏効するのは、ビタミンCやルチン(ビタミンP)の血管強化作用や拡張作用によるものとされています。また、とまとの赤色の色素はリコピン(カロチノイド)で、免疫力を強化し、ガン予防効果を発揮します。

また、ペクチン(食物繊維)が整腸作用、便秘の改善に役立つし、グルタミン酸ヤアミノ酪酸には健脳効果があります。このように種々の効果を持つので、「とまとを作る家に胃病なし」「とまとが赤くなると医者が青くなる」ということわざがあるのでしょう。

「結構だらけ」のとまとも、南方の南米の原産であるので、漢方の陰陽論では、「体を冷やす陰性食品である」という欠点があります。そのため、体を温める作用がある塩をトマトジュースに加えたり、イタリア料理ではトマトに熟を加えて料理するのでしょう。

とまとの民間療法

高血圧・眼底出血・歯茎の出血
毎日トマト1~2個を食べる。
口内炎
トマトジュースを口に含み、うがいをくり返す。
胃潰瘍・十二指腸潰瘍
とまとときゃべつ(またはじゃがいも)を半々にしたジュースを、噛むようにして毎日コップ1~2杯飲む。
とまと 関連ページ
ページのトップへ戻る